施工の流れ

プロによる施工でお庭がどのように変わるかをお楽しみください。

人工芝の施工の流れ

 

easigrass(イージーグラス)の人工芝は多孔質でUV安定化されており、土、ターマック、コンクリート、デッキなどの上に敷設するのに適しています。多孔質のシステムは、土の上に人工芝を敷設する際に使用されます。

 

easigrass(イージーグラス)の施工チームはすべて、認定を受けた高度な訓練を受けた専門家であり、日本全土で高品質なガーデニング芝を設置することができます。お客様の敷地に細心の注意を払って、最小限の騒音や混乱を最小限に抑えて施工しますので、ご安心ください。

 

ステップ1 – 芝生の種類を選ぶ

 

日本の気候に特化した人工芝を幅広く取り揃えています。

 

私達は様々な場所に対応できるよう複数の人工芝をストックします。日本最大級の人工芝サプライヤーとして、お客様のご予算に合った製品をご用意しております。無料見積りを今すぐを取って下さい!

 

 

ステップ2 -基盤の準備

 

まず、既存の土、砂利、砂を必要な深さまで取り除き、不要な植物、石、植生を取り除きます。

 

次に選ばれた区域の周囲に木かレンガなどの楔を取付けます。この楔は芝が敷かれた後は目に見えませんが、芝を接着するためのしっかりとしたエッジとして機能します。これは地面にしっかりと固定され、芝生の張りを保ちます。

 

次に残りの土に水をまき、密集させ、1%か2%の傾斜をつけて整地します。防草シートは使いませんが、どうしても必要な場合、土の下に潜り込ませます。

 

 

ステップ3- 砕石を行う

 

そして、砕石骨材(小岩と石を混ぜたもの)を導入して新たな土台を形成します。

これにより、人工芝の下に安定性と十分な排水性がもたらされます。イージグラスの施工チームは、人工芝を設置するエリア全体に砕石骨材を敷き詰めていきます。

 

 

ステップ4- アンダーパッドの配置

 

特別に選ばれたアンダーパッドは、雑草の成長を防ぎます。3種類の厚さごとに衝撃を吸収し、子どもやお年寄りが安全に遊べる環境を整えます。

 

またアンダーパッドを設置する事で、排水性を高め、人工芝の基布に黒カビや劣化が発生するリスクを軽減します。

 

 

ステップ5 -easigrass( イージーグラス)の設置

 

施工チームは、あなたが選択したEasigrassを全面に敷き詰めます。

 

easigrass(イージグラス)のスポーツフィールドの専門家が使用しているのと同じ接合方法を家庭用庭園にも適用しています。丈夫で耐久性のある接着剤を使用します。

 

専門家が混合したスポーツフィールドグレードの接着剤を使用して、人工芝の完璧なベースの配置を保証します。

 

ステップ6 -充填材のエンバイオフィル(envirofill)かセーフシェル(safeshall)を敷き詰める

 

 

日本にて独占販売する充填材で最後の仕上げをします。

 

envirofillかsafeshallをシードスプレッダーで塗布し、Easigrassの芝生の上で専用機械でブラッシングします。この充填材は景観をよくし、芝の寿命を長持ちさせる上で欠かせないものです。

 

この充填材は、芝生を長持ちさせるだけでなく、芝生が自然に逆立つ安定した状態を保ち、極端な暑さにさらされたときに冷却したり、抗菌作用など多くの影響を人工芝のお庭に提供します。

 

人工芝の施工に関してはeasigrass(イージーグラス)の高度な技術を持ったプロの施工チームとデザイナーにお任せください。